スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GCT前の最後の公認大会?

6月18日・ビックマジック@池袋店・エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者4人
6時半からエクストリームで7時半からギャラクシースタイルとのこと・・・
エクストリームのデッキ忘れた!ごめんね・・・アイビット・・・ちょっと今はギャラクシーに夢中なんだ!
でもね。いつもアイビットを財布に入れて持ち歩いているのですよ。一枚だけだけど、ギャラクシーのデッキからゴールドエールを一枚抜いて、代わりにアイビット1枚入れる。はい!エクストリーム対応のデッキが完成!エクストリームのデッキ相手にギャラクシーのデッキで挑んだらぼろ負けするのはわかってたけど、暇だったから参加しました。

1戦目○ アイビットピン差しギャラクシー青黄ミーアVS黒ボードコントロール(ギャラクシーw)
相手もまさかの完全なギャラクシーデッキw2ターン目から黒ドローで殴ってたら勝ちましたよ。アイビットは引けなかった・・・

2戦目○ アイビットピン差しギャラクシー青黄ミーアVS黒(エクストリーム)
先攻取られて学園祭メイド支配されましたよwwwwドロー+2ってなんですかwこれがエクストリームとギャラクシーの差・・・
でもでも、相手の黒ドローのアグレッシブ攻撃を相手の黒ネームでガード宣言したところにソニ剣で攻撃力上げて相打ちさせたりしてテンポ取った後にミーア&飛刀族が無双して勝っちゃった・・・アイビットはまたもや引かなかったw

6月18日・ビックマジック@池袋店・ギャラクシースタイル・スイスドロー制・参加者8人

1戦目○ 青黄ミーアVS黒(ズリィーラとかセフィーロ)
スタートランスポーター支配されてるだけでノーチラス疑って、こっちの行動遅くなる。パニアサ打たれる。ゴールドエールでウマー。ズリィーラ出される前にミーアブレイク成功して牽制→パワー2にセフィーロブレイクから即パンされ8点通す。エフェクト使用できない2回目のアタック宣言をこちらの黒ドローで相打ち取る→ズリィーラ出てくるけど、ミーア既にいるのであんま損害なし。でもまさかのステコ二枚使われて14点通す・・・ダメージ8点まで溜まる。セフィーロのアタックも通したけど、さすがにキャラ42枚だからしぶとく生き残る自分・・・wズリィーラ縦挿しされてミーアで破れなくなる。そこで飛刀族を支配。ここで相手の突破口は閉ざされる。

2戦目○ 青黄ミーアVS青(ミーアやヴェルナ)
軽ブレたくさん出されて焦るよーw大きいもん出される前に、黒ドローと黄色の1/2/1チャージで幽体剥離も2回使いつつ殴って行く。
自分のターンで毎回相打ちが起きるけど、自分は安定してキャラクターを支配し続ける。そしてとにかく横で殴り続けるが、相手は青の軽ブレをガード宣言させずファクターを残すプレイをし始めて、10点。

3戦目○ 青黄ミーアVS黒(真代とか)
アグレッシブ展開で落ちたゴールドエール見て苦い顔をする相手。支配キャラ的にノーチラスは入ってないと判断し、すぐに飛刀族支配して、ソニ剣で相手の他色ドローかわしつつダメージ与える。最後は相手の真代を黒ドローと飛刀族のシンクロで打ちとってダメージアウト、でした。

エクストリーム含め全勝。気持ちいいー。

ざざっと

随分とブログ放置してたぁ。
公認大会とか出るたびに結果だけでも更新していこうと思ってたんですけどね。
更新していない間もずっと公認大会等には出てました。主にギャラクシーでw
アイビットが使いたくてアクエリアンエイジを始めたのになぜギャラクシーばかりかと言いますと、単純にエクストリームの公認大会が少ないというのが一つの理由です。それに加えて、前回の更新で書いたように、予選で本戦への権利を獲得してしまってから、初心者では勝てないと思い込んでいたギャラクシースタイルでのゲームに無駄な自信が付いてしまって・・・。せっかく権利を手に入れたのだからギャラクシーの大会にたくさん出て本戦で上位を狙ってみようなんて考えちゃいました、あはは。
後藤なお先生が参加されていないギャラクシーなんてどーでもいいやーいとか思ってたのですが、やっぱり勝てると楽しく感じてしまうものですね(始まりの地球環境ではボロボロだったのでその反動もあり・・・)。魔力の水嶺が発売されてからも、とりあえずアイビットと同じ色の勢力である魔女っ子集団?のWIS-DOMを使い続ける方針で大会に参加してきましたが、何故か勝つ。ひたすら勝つ・・・
単純に僕のデッキに採用しているネームブレイク、水星戦士“ミーア・アクエリアス” が強いっていうのもあるんでしょうが、アクエリアンエイジを始めてからなかなか感覚の掴めなかったアタックするタイミングがようやくわかってきた気がしまして。ゲームの回数をこなして行くうちにプレイングも少なからず上達したことも勝ち越している要因ではないかと思ってます。
水嶺環境からの公認大会とGCT予選分の戦績だけはメモしていたので順番にずらっと。

GCT予選@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対黒○対青○対青○対黒○
公認大会@新宿アメドリ
青黄ミーア使用:対緑△対青○
GCT予選@秋葉ゲマ
青黄緑ナスミーア使用:対青○対黄×対緑×対黒○
公認大会@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対青○対赤○
GCT予選@池袋BM
青黄ミーア使用:対赤○対黄○対青○
公認大会@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対白○対黒×
公認大会@秋葉一刻館
青黄ミーア使用:対緑○対黄○対黒○
公認大会@池袋アメドリ
青黄ミーア使用:対緑○対黒×
公認大会@池袋BM
青黄ミーア使用:対黒○対白○対黄×対黒○対白○

負けたゲームだけ振り返ってみる。

まず青黄緑ナスミーアの2敗・・・僕はデッキに補給軽ブレイクをたくさん入れることになぜか抵抗があって、補給軽ブレイク以外の方法で精神2のキャラクターから1コスト支払ってパワーを1挿しにしてから相討ちを取られてもいいようなアタックが常時できないかを考えていた時に思いついたのが片付け悪魔“ナス” の採用でした。ナス自体のスペックは悪くないと思うのですが、さすがに入れるデッキを間違えた・・・このデッキ、既に黄色2Fのソニ剣と青3Fの刻印、ミーアも入ってるので緑も2Fも使おうだなんて・・・回るわけがありませんwダメージ置き場から自由に湧くからなんてお得だなー!!なんて思ってたけど、ナスはずっとダメージ置き場にいたままでしたよwハンドに来ても、これが青の軽ブレだったらミーア出せたのに・・・って。わざわざ軽ブレのスペースを割いて入れるようなカードではありませんでしたねw(当たり前)
ナスはイラスト的になかなか気に入ってるカードでもあるので、また別の機会に単色かせめて二色くらいのデッキでリベンジしたいかな・・・とりあえず今はお預けで。

青黄ミーアの黒に対しての2敗。実はこの二戦はどちらとも先攻を取れたんですが、手札がひどい酷い・・・片方は3ターン目でようやく青が引けて、もう一方のゲームも、もちろん初手に青のキャラはおらず、仕方なくアグレッシブ展開全開で青を呼ぼうとしたら2ターンかけて4点分落としてみると、キャラ一体も湧かず全部ダメージとかマジでわけがわからなかったwwww僕のデッキは大体キャラの枚数を38~42枚で調整していてこの時はいずれも40枚でした。その内青のキャラクターは22枚。ちょっと多めですね。それでもこういう時もあるんだと。もうこれは仕方ない・・・。本戦でこんなことがなければいいなー・・・

で、一番最近に参加した公認大会での黄色に対しての1敗ですが、これは納得のいく負けでした。こちら後攻。相手が黄色だとわかったので、支配キャラクターにエフェクトでシールドを付与できるアルウィーンを2ターン目にブレイクしてどや顔してみた。これで黄色が得意とする焼きプロジェクトのライトニングストームやデュアルサンダーも全部腐らせられるぜーとか思ったけど別に有利になるわけじゃありませんよね。アルウィーンは補給スキルを持っていないので、1コスト1ハンドのカード二枚を消費して出し、かつ最初にアルウィーンにパワーを1枚挿さないと出した意味がないので、その分補給に苦しみ、パワーカードフェイズ終了時にキャラを2体支配したい状況で、青の一体のみと、ちょっと出遅れた返しに相手が緑ドローで早くも殴ってくる。勢力エリアにはカバラ信者1体だけだったので、どうぞキャラを沸かせてくれって感じで通す。青ドローと黒ドローが湧き、自分の勢力フェイズでもまたアグレッシブ攻撃を通すと、青の勢力エリアに2/(2)/1のドローとシルチャが5枚くらい重なる。。。もうこの時点で負け確定w相手はすかさず毎ターン殴ってくるし、自分の勢力フェイズの精神攻撃も止まらないし・・・負けー。

青のキャラの▼持ちがちょっと多すぎたと反省。カバラ信者2枚をキャパ-1チャージ1のエンジェルシスター2枚と入れ替えてみることに。後、アルウィーンが弱いwこれ入れるなら孔雀経法でいいなと。見えちゃってるからわざわざ相手はハンド1枚+2Cの3枚使ってわざわざライストとか打ってこないのも当たり前。孔雀経法とかでカウンターできたら相手の2コスト食える分ちょっとお得だし、こっちの方がいいなーて。そもそもそんなもん入れないで、軽ブレイク積めよ!と言われそう。軽ブレイクしていったところで焼かれるカードは出てくるし、特にどうしても青3Fのミーアにつなげて勝ちたいというわけでもないのであんま入れる気にならない。一応ミーアと刻印入ってるから青主力のデッキではあるんだけど、主な勝ち筋はソニ剣or剥離握りつつ黒ドローで序盤から殴ってるだけっていうね・・・いやぁ、これがシンプルに強い。だからあんな貧弱ステータスの青の軽ブレもいらないのさ!・・・となるとミーアと刻印もそうなっちゃうけど・・・まぁミーアに関しては2戦に1回は出て活躍してるからいいんじゃないか。此方側が序盤から黒ドローで殴る際に相手もしっかりガードしてくると相手の展開も遅れるので、そんな時にこっちもゆっくりミーアが出てくる感じ。黒ドローのアタックが軽ブレの代わりになってるんじゃないですかね。とかわけわからない感覚を持っている。逆に相手がどんどんアタック通してくれる時は青ドロー青シルチャ達もソニ剣と剥離のファクターだけは維持しつつどんどん総攻撃。青3F揃える方針は切り捨てます。大体それで勝ってる。

グランドクロストーナメント予選

3月24日・アメニティドリーム@秋葉原店・ギャラクシースタイル・スイスドロー制・参加者18人

1戦目○ ミーア(黄色タッチ、セプト積み)VS黒
序盤からどんどんキャラビートしていく。最後は相手は軽ブレからパニアサ打つためのコスト確保したいがためにアグレッシブにガード宣言せずに自滅。しかし、こっちのハンドには黒プロジェクト対策のゴールドエールがあったのでどの道ry

2戦目○ ミーア(黄色タッチ、セプト積み)VS青
ミーア先だしするも、すぐに死の刻印されて死亡。仕方なくキャラビートで勝つ。

3戦目○ ミーア(黄色タッチ、セプト積み)VS青(NYTシニア1位のサンタロウさん)
サンタロウさん・・・一番緊張したw 軽ブレイクが引けなかったみたいで、こっち先に死の刻印打てて支配キャラ数の違いで淡々と・・・

4戦目○ ミーア(黄色タッチ、セプト積み)VS黒
ゴールドエールがずっとハンドに来なかったので、パニアサ打たれる直前に無理矢理アタック宣言しまくる。相手はパニアサ打つことよりもガード宣言を優先。おかげで、その次のターンにミーアブレイクからの即アタック宣言で一方的に押す。

優勝・・・え?

まず最初に18人とかビビるwww他のカードゲームの大会ではこんな人数ざらだろうけど、アクエリなのにwwってなった。カードショップ店内での大会でまさかこんなに集まるとは思いませんでした。テンションはかなり上がったのですが、魔力の水嶺発売後に組んだギャラクシーのデッキで公認大会に一度も出てなかったので、どんなデッキと戦うことになり、構築やプレイングに何が求められているのかほとんど分かってない状況でした。そして、何よりギャラクシーの対戦回数は20回行かないほどに少なく、地球環境での公認大会ではなんと全戦全敗を決めている僕です。勝てる自信なんてあるわけないでしょwwww
実力主義のギャラクシーの大会なんぞ養分になるだけだし、参加する予定はなかったんですよね・・・
では、なぜ参加しに来たかというと、この日は元々たきゃしーさんと会う目的で来ました。ツイッターで知り合い(というか見かけ?)会ったこともない僕にいきなりサインドアイビットを譲ってくれるというのです。。。ベタな言い方になりますが本当に神様かと思いました。。。本当にありがとうございます。幸せです。たきゃしーさんに足りないカードがあればできるだけ提供していく所存です。

エクストリーム公認大会6回目

2月27日・BIGMAGIC 池袋店・エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者4人

1戦目△ アイビット・シュートVS黄単(スュテノ・アルゴルとか孔明とかネフティス)
ちょっと遅れてクロスファイアを撃ったため、相手の場がアルゴル二段目と補給キャラ1体の2体みたいな状況で、ダメージも溜まってたしアイビットにトウシューズか純粋魔力でとどめ刺そうかなと思っているところで、時間切れで引き分けになりました。

2戦目○ アイビット・シュートVS青単(前のBIGMAGICで当たった人、ローズマリーとかヴァレンティヌスとか)
先攻3ターン目クロスファイアェ・・・

あと、続けてメリクリウスバトルも続けて出ました。しかし、構築済みデッキの中から自由に構築する形式だったみたいで、デッキを持ち合わせていなかったので、その場でフォルナ2箱買って適当にノースリーブの60枚にして参加・・・1勝1敗とか頑張ったと思うw

エクストリーム公認大会5回目

2月26日・秋葉原チェルモ・エクストリームスタイル・総当たり・参加者3人
レポートというより、ただの記録メモみたいな

1戦目× アイビット・シュートVS黒単(迦陵頻伽)

2戦目○ アイビット・シュートVS青単(クリーチャー軸)

二位。耐久1キャラだらけの黒に負けるのはあまりにも屈辱的でした・・・しかもこの前秋葉原アメで当たって勝った相手だったのに(´;ω;`) 
敗因は白キャラが2体こずにハンドのキネシュが腐り続けたこと。これをきっかけに白キャラを12から14へ見なおしました。
大会とは関係ないのですが、秋葉原チェルモはできればあまり来たくない店ですね。。。狭過ぎる。デュエルスペースに座るのも一苦労だし、カード広げられないし。それだけならまだしも、この日は店長がお客さんたちの前だというのに電話でぶちギレてて、20分以上怒鳴り声が店内に響いてました。あまりにもひどい・・・
プロフィール

みそぎん☆

Author:みそぎん☆
電撃萌王に載っていたLovers Tenというコーナーで「るちえ」さんのイラストを見て感動。るちえさんの主なお仕事を調べると「後藤なお」という名義でアクエリアンエイジというTCGに携わっていたことを知る。それ以来、初心者ながらアクエリアンエイジをやっています。フール“アイビット・レジャー”が大好きで彼女のネーム単などを使用します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お友達リンク
応援ティッカー
応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。