スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクストリーム公認大会6回目

2月27日・BIGMAGIC 池袋店・エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者4人

1戦目△ アイビット・シュートVS黄単(スュテノ・アルゴルとか孔明とかネフティス)
ちょっと遅れてクロスファイアを撃ったため、相手の場がアルゴル二段目と補給キャラ1体の2体みたいな状況で、ダメージも溜まってたしアイビットにトウシューズか純粋魔力でとどめ刺そうかなと思っているところで、時間切れで引き分けになりました。

2戦目○ アイビット・シュートVS青単(前のBIGMAGICで当たった人、ローズマリーとかヴァレンティヌスとか)
先攻3ターン目クロスファイアェ・・・

あと、続けてメリクリウスバトルも続けて出ました。しかし、構築済みデッキの中から自由に構築する形式だったみたいで、デッキを持ち合わせていなかったので、その場でフォルナ2箱買って適当にノースリーブの60枚にして参加・・・1勝1敗とか頑張ったと思うw

エクストリーム公認大会5回目

2月26日・秋葉原チェルモ・エクストリームスタイル・総当たり・参加者3人
レポートというより、ただの記録メモみたいな

1戦目× アイビット・シュートVS黒単(迦陵頻伽)

2戦目○ アイビット・シュートVS青単(クリーチャー軸)

二位。耐久1キャラだらけの黒に負けるのはあまりにも屈辱的でした・・・しかもこの前秋葉原アメで当たって勝った相手だったのに(´;ω;`) 
敗因は白キャラが2体こずにハンドのキネシュが腐り続けたこと。これをきっかけに白キャラを12から14へ見なおしました。
大会とは関係ないのですが、秋葉原チェルモはできればあまり来たくない店ですね。。。狭過ぎる。デュエルスペースに座るのも一苦労だし、カード広げられないし。それだけならまだしも、この日は店長がお客さんたちの前だというのに電話でぶちギレてて、20分以上怒鳴り声が店内に響いてました。あまりにもひどい・・・

ギャラクシー公認大会2回目

2月21日・一刻館 秋葉原店・ギャラクシースタイル・スイスドロー制・参加者7人

戦目× 青(タッチ赤)VSキャラビート(エイラ入り)

2戦目× 青(タッチ赤)VS黒単

3戦目○ 不戦勝どやぁw

NYT、シニアブロック1位のサンタロウさんとユースブロック2位の緋村さんが参加されていました。
その他に参加されていた方もアクエリを知り尽くした上級者ばかりに見えました・・・レベル高過ぎです、ギャラクシーのようなプレイングゲーで自分が勝てるはずなんてない・・・  しかし1戦目2戦目の終盤、サンタロウさんいわく勝てる状況ではあったみたいです。まぁ結局それを逃すのが僕の実力なんですけどね。正直、場の状況が瞬時に把握できないので血迷ったプレイングをしてしまいます。プレイングの選択肢が狭い遊戯王ばかりしてきた自分にとっては、常にプレイングの選択肢が多いアクエリがとても難しいカードゲームに思えてきます。
今のところエクストリームの公認大会では好調な戦績ですが、如何にカードパワーに頼って勝ってきたかを痛感しました。プレイングに関して言えば誰よりも弱かったんじゃないでしょうか。仮に上級者らしき人に勝てたとしても、それはファンデッキであったりするんだと思います。これからは勝ててもできるだけ思い上がらないようにしたいです。
こんな弱いプレイヤーに愛用されるアイビットが可哀想に思えてきたので、優秀であるアイビットと釣り合えるようなマインドブレイカーに早く成長したいです・・・ ごめんね、アイビット...

ギャラクシー公認大会1回目

いまさらですが、初出場のギャラクシー公認大会の結果だけw 
1月30日・BIG MAGIC池袋店・ギャラクシースタイル・スイスドロー制・参加者6人

1戦目× 青(タッチ赤)VS赤単

2戦目× 青(タッチ赤)VS青単

いやーw

エクストリーム公認大会4回目

秋葉原アメニティーの公認大会出てきました。これでアクエリを始めてから四回目の公認大会となります。実は公認大会の三回目と四回目の間にアクエリアンポーカーという公式のイベントにエクストリームスタイル(アイビット単と世界イングリッドを使用)で参加してきたのですが、結果があまりにも酷かったので記事を書く気が起こりませんでしたwしかし、負けることによって得られるものはとても多かったです。公認大会のためにスキルUPしに行ったんだ・・・ということでごまかすw
エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者6人(自分が参加してきた中で最大人数でテンション上がるw)

1戦目○ アイビット・シュートVS緑単(ワーウルフ?) 
こちら後攻。初っ端から学生破戒僧とか出されてとても焦る・・・ 初めて出された。とりあえず、自分の初ターンは学園祭メイド支配、気球少年支配、ディーラー勢力放置。相手2ターン目のアグレッシブ展開が上手くいかずダメージが二点溜まる。特に軽ブレイクも出してこないでメイン終了してきたので、勢力エリアに一枚しかなかった緑ドローキャラをキネシュの後攻時のみ使用可能な効果で焼いて大きくテンポを取る。これが初めてのキネシュ使用でしたが本当に強く感じれた。0ドローキャラからパワーを取り除くのにも打ってつけですしね。そして自分の2ターン目に4ドローして、ディーラーを本体に通し少女召喚術師沸いてダメージが一枚が落ちる。ディーラーと少女召喚術師支配してエンド。相手3ターン目、キネシュを警戒したのか墓参り猫でシルチャ耐久2のキャラを引っ張ってきて適当な他の色と共に支配。此方3ターン目に魔法のローブをパーマネントとして使い青を3Fに満たしてから奉仕お嬢様セット、アイビットを通常ブレイク。焼けるのが相手の少年ラッパー(白男ECB)しかいなくてあまり美味しくなかったけどBCB通してならいいかなと思ったし、実はもう一枚アイビット控えてたので出した。んーこっからあんま覚えてないけど、最後は純粋魔力対決で相手がガード宣言できないようにしてアイビットに重ねブレイクして(3)+2の5点で3回アタック通して勝ちました。(てきとーすぎるww

2戦目○ アイビット・シュートVS白単(明音鈴とか向日葵とか)
こちら先攻。もう色々省略して書きます。相手2ターン目のアグレッシブ展開をこちらはMI6で妨害。続いて相手がこちらのパワー0の転入生に横取りブレイク宣言。それに対し此方はキネシュでレスポンスして相手の支配のウェイトレスを焼いて白0Fにさせて不発にさせる。相手3ターン目のメイン終了にアイビットだしてまた白のチャージキャラを焼く。相手は新しい白キャラを手札からパワーセットで支配するも、この時点で相手は1F。こっちが大量補給してる間に相手の4ターン目にまたアイビットを出す、相手はターンエンド時にようやく白1Fが確保できてる状態が続く。こちらの5ターン目に素のアイビットで3回殴るもさすがにほとんどダメージ溜まらず。6ターン目に2回殴ったところで9点ダメージが入り、3回目のアタックで動く石像にガード宣言されるが、レスポンスのキネシュ×アイビット=グラビトンで焼いて通して勝ち。なんていうか、焼きまくって相手を1Fで止めてると安心感がすごいですね。

3戦目△ アイビット・シュートVS黒単(イレイザー)
とりあえずアイビットとキネシュでテンポ取る。途中から少女召喚術師のECBでキネシュやダークネスペインを相手に見られてしまいながらハンドに回収したので、相手はそれが分かってる以上慎重に行かざるを得ないので思考時間が長くなる。そうしてる間に30分すぎちゃって引き分けという形に。このまま進めていれば勝てたと思うけど、相手が長考するのも無理ないなと思った。
大会終了後に時間気にせず同じデッキで再戦したけどやっぱり黒には強いねこのデッキ。普通に勝ちました。てかアイビットのアビリティに対して相手はレスポンスの余地がないのが本当強いね。相手が2Fブレイクの使用宣言にキネシュで妨害するとグラビトンで更にカウンターされて通されたりするんだけど、アイビットは瞬時に相手のファクターを削るから相手はどうしようもない。相手が耐久力1のメインファクター支配してる限り、常にこっちが主導権握ってる気になれますね。

3戦目の相手の方と同じ戦績だったので合計被ダメージの少なさで順位決定。元々あまりアグレッシブ展開をしない自分はこうなった時有利だなーと思った。とりあえず優勝です。始まりの地球2パックPR三弾2パックPR四弾2パックPR五弾4パック。参加費100円なのになんだかめっちゃもらえたw
この大会で初めて(そもそも公認大会行かないと対戦相手いない・・・)使用したアイビット・シュートですが、もう以前のタイプに戻したくないくらいにハマってしまう使用感でした。キネシュつよwww

プロフィール

みそぎん☆

Author:みそぎん☆
電撃萌王に載っていたLovers Tenというコーナーで「るちえ」さんのイラストを見て感動。るちえさんの主なお仕事を調べると「後藤なお」という名義でアクエリアンエイジというTCGに携わっていたことを知る。それ以来、初心者ながらアクエリアンエイジをやっています。フール“アイビット・レジャー”が大好きで彼女のネーム単などを使用します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お友達リンク
応援ティッカー
応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。