スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざざっと

随分とブログ放置してたぁ。
公認大会とか出るたびに結果だけでも更新していこうと思ってたんですけどね。
更新していない間もずっと公認大会等には出てました。主にギャラクシーでw
アイビットが使いたくてアクエリアンエイジを始めたのになぜギャラクシーばかりかと言いますと、単純にエクストリームの公認大会が少ないというのが一つの理由です。それに加えて、前回の更新で書いたように、予選で本戦への権利を獲得してしまってから、初心者では勝てないと思い込んでいたギャラクシースタイルでのゲームに無駄な自信が付いてしまって・・・。せっかく権利を手に入れたのだからギャラクシーの大会にたくさん出て本戦で上位を狙ってみようなんて考えちゃいました、あはは。
後藤なお先生が参加されていないギャラクシーなんてどーでもいいやーいとか思ってたのですが、やっぱり勝てると楽しく感じてしまうものですね(始まりの地球環境ではボロボロだったのでその反動もあり・・・)。魔力の水嶺が発売されてからも、とりあえずアイビットと同じ色の勢力である魔女っ子集団?のWIS-DOMを使い続ける方針で大会に参加してきましたが、何故か勝つ。ひたすら勝つ・・・
単純に僕のデッキに採用しているネームブレイク、水星戦士“ミーア・アクエリアス” が強いっていうのもあるんでしょうが、アクエリアンエイジを始めてからなかなか感覚の掴めなかったアタックするタイミングがようやくわかってきた気がしまして。ゲームの回数をこなして行くうちにプレイングも少なからず上達したことも勝ち越している要因ではないかと思ってます。
水嶺環境からの公認大会とGCT予選分の戦績だけはメモしていたので順番にずらっと。

GCT予選@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対黒○対青○対青○対黒○
公認大会@新宿アメドリ
青黄ミーア使用:対緑△対青○
GCT予選@秋葉ゲマ
青黄緑ナスミーア使用:対青○対黄×対緑×対黒○
公認大会@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対青○対赤○
GCT予選@池袋BM
青黄ミーア使用:対赤○対黄○対青○
公認大会@秋葉アメドリ
青黄ミーア使用:対白○対黒×
公認大会@秋葉一刻館
青黄ミーア使用:対緑○対黄○対黒○
公認大会@池袋アメドリ
青黄ミーア使用:対緑○対黒×
公認大会@池袋BM
青黄ミーア使用:対黒○対白○対黄×対黒○対白○

負けたゲームだけ振り返ってみる。

まず青黄緑ナスミーアの2敗・・・僕はデッキに補給軽ブレイクをたくさん入れることになぜか抵抗があって、補給軽ブレイク以外の方法で精神2のキャラクターから1コスト支払ってパワーを1挿しにしてから相討ちを取られてもいいようなアタックが常時できないかを考えていた時に思いついたのが片付け悪魔“ナス” の採用でした。ナス自体のスペックは悪くないと思うのですが、さすがに入れるデッキを間違えた・・・このデッキ、既に黄色2Fのソニ剣と青3Fの刻印、ミーアも入ってるので緑も2Fも使おうだなんて・・・回るわけがありませんwダメージ置き場から自由に湧くからなんてお得だなー!!なんて思ってたけど、ナスはずっとダメージ置き場にいたままでしたよwハンドに来ても、これが青の軽ブレだったらミーア出せたのに・・・って。わざわざ軽ブレのスペースを割いて入れるようなカードではありませんでしたねw(当たり前)
ナスはイラスト的になかなか気に入ってるカードでもあるので、また別の機会に単色かせめて二色くらいのデッキでリベンジしたいかな・・・とりあえず今はお預けで。

青黄ミーアの黒に対しての2敗。実はこの二戦はどちらとも先攻を取れたんですが、手札がひどい酷い・・・片方は3ターン目でようやく青が引けて、もう一方のゲームも、もちろん初手に青のキャラはおらず、仕方なくアグレッシブ展開全開で青を呼ぼうとしたら2ターンかけて4点分落としてみると、キャラ一体も湧かず全部ダメージとかマジでわけがわからなかったwwww僕のデッキは大体キャラの枚数を38~42枚で調整していてこの時はいずれも40枚でした。その内青のキャラクターは22枚。ちょっと多めですね。それでもこういう時もあるんだと。もうこれは仕方ない・・・。本戦でこんなことがなければいいなー・・・

で、一番最近に参加した公認大会での黄色に対しての1敗ですが、これは納得のいく負けでした。こちら後攻。相手が黄色だとわかったので、支配キャラクターにエフェクトでシールドを付与できるアルウィーンを2ターン目にブレイクしてどや顔してみた。これで黄色が得意とする焼きプロジェクトのライトニングストームやデュアルサンダーも全部腐らせられるぜーとか思ったけど別に有利になるわけじゃありませんよね。アルウィーンは補給スキルを持っていないので、1コスト1ハンドのカード二枚を消費して出し、かつ最初にアルウィーンにパワーを1枚挿さないと出した意味がないので、その分補給に苦しみ、パワーカードフェイズ終了時にキャラを2体支配したい状況で、青の一体のみと、ちょっと出遅れた返しに相手が緑ドローで早くも殴ってくる。勢力エリアにはカバラ信者1体だけだったので、どうぞキャラを沸かせてくれって感じで通す。青ドローと黒ドローが湧き、自分の勢力フェイズでもまたアグレッシブ攻撃を通すと、青の勢力エリアに2/(2)/1のドローとシルチャが5枚くらい重なる。。。もうこの時点で負け確定w相手はすかさず毎ターン殴ってくるし、自分の勢力フェイズの精神攻撃も止まらないし・・・負けー。

青のキャラの▼持ちがちょっと多すぎたと反省。カバラ信者2枚をキャパ-1チャージ1のエンジェルシスター2枚と入れ替えてみることに。後、アルウィーンが弱いwこれ入れるなら孔雀経法でいいなと。見えちゃってるからわざわざ相手はハンド1枚+2Cの3枚使ってわざわざライストとか打ってこないのも当たり前。孔雀経法とかでカウンターできたら相手の2コスト食える分ちょっとお得だし、こっちの方がいいなーて。そもそもそんなもん入れないで、軽ブレイク積めよ!と言われそう。軽ブレイクしていったところで焼かれるカードは出てくるし、特にどうしても青3Fのミーアにつなげて勝ちたいというわけでもないのであんま入れる気にならない。一応ミーアと刻印入ってるから青主力のデッキではあるんだけど、主な勝ち筋はソニ剣or剥離握りつつ黒ドローで序盤から殴ってるだけっていうね・・・いやぁ、これがシンプルに強い。だからあんな貧弱ステータスの青の軽ブレもいらないのさ!・・・となるとミーアと刻印もそうなっちゃうけど・・・まぁミーアに関しては2戦に1回は出て活躍してるからいいんじゃないか。此方側が序盤から黒ドローで殴る際に相手もしっかりガードしてくると相手の展開も遅れるので、そんな時にこっちもゆっくりミーアが出てくる感じ。黒ドローのアタックが軽ブレの代わりになってるんじゃないですかね。とかわけわからない感覚を持っている。逆に相手がどんどんアタック通してくれる時は青ドロー青シルチャ達もソニ剣と剥離のファクターだけは維持しつつどんどん総攻撃。青3F揃える方針は切り捨てます。大体それで勝ってる。
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

みそぎん☆

Author:みそぎん☆
電撃萌王に載っていたLovers Tenというコーナーで「るちえ」さんのイラストを見て感動。るちえさんの主なお仕事を調べると「後藤なお」という名義でアクエリアンエイジというTCGに携わっていたことを知る。それ以来、初心者ながらアクエリアンエイジをやっています。フール“アイビット・レジャー”が大好きで彼女のネーム単などを使用します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お友達リンク
応援ティッカー
応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。