スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクエリアンブロックトーナメント2012決勝大会(東京)

1戦目先攻○ VS黄【ムリフェイン】
マギア勢力放置、学園祭メイド&アクアリウムダンサー支配(だったと思う)、ターン渡したら相手黄色くて隠密部隊でアクアリウムダンサー食われんじゃんと、焦ってた。こっちの3ターン目のアクションが弱くて、ウラン下段ブレイクのみ。相手の3ターン目にアクアリウムダンサーが横取りされたかな?そっからリザレクション?でムリフェイン下段から上段も続けて出てくる。何枚重ねかわからないほど重なってた(どうせ焼けないほどだったから数チェックしてないですv)。しかしながらウランの▼からダメージを受けないアビリティがとても頼もしい。返しにウラン上段ブレイクでドローキャラを焼いていくのに加え、更に相手のドローとファクターを少しでも減らそうと、イオをブレイクから即パン。ウランでは焼くことのできない相手の軽ブレイクも焼く。イオは使い切りでムリフェインガード宣言からすぐお亡くなりに。ムリフェイン倒せないけど、補給差で優位を取って次のターン、アイビットでパンプさせたウランのパンチがほとんど通って勝った気がする。

2戦目先攻○ VS白【遊佐デバイス】
こっちの3ターン目にキネシュ撃たれる。こちらペンタもキネシュも握っていなかったのでレスポンスできずパワー3挿している学園祭メイドが死亡。でも青は生き残っていてパワーもまだ3つあったので、ウラン下段ブレイクで3Fにしつつパスハ使用。ウラン上段回収しブレイク。相手の学園祭メイドを焼くのに成功。更にアイビットを構えて勝ち確。相手のキャラは1体支配に留めてウラン上段で殴り続ける。

3戦目先攻○ VS黒赤【地雷っぽい何か】
キネシュハンドに残しキャラ支配。相手の勢力放置がドロー-1のスレイヤードラグーン。この時点でポンコツパニックを使われるのだけは把握。加えて、相手の勢力で葦原中国というダメージ置き場から効果を発揮する如何にも怪しげなカードが落ちる・・・、他にもダメージ置き場から使える軽ブレイクが落ちて黒を展開される。こちらの3ターン目にグラビトンでパワー3の学園祭メイドが焼かれたけど、特に問題なし。どんな未知のデッキ相手でもとりあえず焼けば動けないはずだということで、イオ(軽ブレと相討ちですぐ退場したけど、ファクター1:2交換なら許容範囲)・ウラン・アイビット全部使って次々相手の支配を焼いていく。ほぼ相手の補給は止まったと思いきや、富貴符・葦原中国・三途の川を駆使してコストを一つも使用せずドローしていっている・・・全く見たことのない動きだったのでとても怖かった。それでも場を覆すことはできなかったみたいで、ほぼ何も支配していない相手にウランとアイビットが殴り続けて勝ち。

4戦目後攻○ VS白【真由美】
相手は学園祭メイド支配+何かを勢力放置スタート。相手が勢力放置するなら二学期デビュー握ってる可能性は低そうって安易に考えて、こっちはとりあえず転入生とアイコン被らないシャーマン勢力放置、学園祭メイドと気球少年支配。ハンドにペンタグラムの構え。相手先攻2ターン目、勢力で1体湧き+1枚キネシュ落ちて苦い顔してた。なのはシリーズでブレイク時1ドローの素体使って1F0Cドローをブレイク、加えて適当に支配でエンド。こっちのターンでキネシュとウラン上引いてアグレッシブでスペースクリーナーとローブあたりが落ちてリップ支配するか悩んだ記憶。結局リップ支配したかはっきり覚えていないけど、キネシュ、ペンタ、ウラン握りながらまともな場でターン返ってくればいいなと願いながら白と青2Fにしてエンド。できれば3Fのブレイクへのレスポンスでフィズらせることを狙いつつ勢力はそのまま通過させる。相手素体セットから転入生ブレイク。あれ?もしかしてキネシュ使うことは知られていない?とか思いつつ、カウンターカードを先に使ってもらえたのでここでパワー2の学園祭メイドを焼こうとレスでキネシュ。レス、時の中の少女。学園祭メイドは落とせなかったけど、時の中の少女の効果でそこからコスト支払えないため何もブレイクされずにターンが帰ってくる。相手の勢力の学園祭メイドにウラン下をブレイク、再びレス時の中の少女。ここでペンタグラムを素体に当ててブレイク成功。その後続けてアイビットで(時の中の少女で防ぐつもりだったと思われる)相手の軽ブレを横取りしつつ学園祭メイドを焼き、更にパスハからウラン上段ブレイク、相手の場が死んでる状態でハンドにダークネスペイン、パワーにアイビットもあったのでここでほぼ勝ち確。ウラン上に縦挿しして、次のターンにはウラン上で殴る。

5戦目先攻× VS緑【鬼狸狐】
こちら3ターン目に支配のマギアにイオブレイクから即パンしようと試みるも勢力でサイレンヴォイスを使用され阻まれる。仕方なく勢力のキャラからイオをブレイクパワーMAXにしつつ、ペインだけ手札に残してターン返す。相手、3Fからキリコ下段ブレイク。続けて上段ブレイク。ここで下段にペイン当てたらまさかの羽ばたきでシールド付与。さらに帰ってきたターンにサイレンヴォイスをイオに使われ、攻めに転じるのが遅れる。ブラフマーが備わったキリコ上段のアタック宣言をペンタグラムと気球少年で耐えるが一度9点を通してしまい、これで一気にデッキが削れる(キリコのパンプ効果を忘れて1回目のアタック宣言(7点)にガード宣言するというあまりにも酷いミス)。その後からはキリコのアビリティで増えたキャラを相殺していくようにイオによって相手の場を縮小させていく。デッキ枚数0枚のこちらのラストターン、勢力の仲良し親子をノーブルオウルでガード宣言したらブラフマーが飛んでくる。1点でも通したら負けなので少女召喚術師のエフェクトからアイビットを出して既にいるアイビットに重ねブレイク。アビリティで仲良し親子を落としてなんとかその場を凌ぎ、パワーMAXのイオからアタック。アビリティとバトルで一気にキャラを落として行って、ガードできる相手がいなくなり3パンチ目が通る。▼が落ちればライブラリーアウトで勝てるというところで一枚も落ちず敗北。

6戦目後攻○ VS緑【鬼狸狐】
相手の初めの支配がヴァンパイアドクターだったので、ノーブルオウル支配ではなく、学園祭+アクアリウムダンサー支配。2ターン目に案の定ネラプシ出てくる。アルカードも入ってたのかな?キリコ+金棒をマギア+ペンタグラムで凌いで、ウランブレイク、イオブレイク。黄金林檎使用されたけど学園祭メイドのおかげで補給に差があったので全然余裕あり。ウランに上段ブレイクして相手の展開を抑えながら、イオが戻ってきてペンタグラム握りつつ一方的なゲーム。

以上にて関東ブロト準優勝でした。
全部記憶が曖昧になっているので、間違っていたら指摘お願いします。
それにしても5戦目は相変わらず僕のプレイが甘すぎた。。。勝てる選択肢が十分あるゲームだったと思います。

スポンサーサイト

アイビットと共に準優勝

確か僕が後藤なお先生のイラストを中心にアクエリのカードを収集し始めたのが去年の10月頃。
そして初めてまともにアクエリの対人戦を行ったのが2011年12月の感謝祭のアクエリランブルだった気がする。もちろんその時からアイビットを4投で使っていました。強い弱いとかは関係なくアクエリをやるからにはデッキにはアイビットを4積みにし、彼女ができるだけ活躍できるようなデッキを使っていくことが方針でしたから(ブロトでは一番お気に入りのキネシュとの併用で耐久二点焼きができるタイプのものを使用しました)。
初公認大会参加が2012年1月かな。4人参加でその小規模さに驚きましたが、内ののーてんさんとくうふくさんにたくさんアクエリを教えてもらえてすごくためになったのを覚えてます。この時はエクストリームスタイルで使えるカードが4000種類くらいあって、後藤なお先生以外のカードにどんなものがあるのかほとんど知らずカード知識が欠けまくってました。何かカードを使用される度にテキスト確認。どれもこれもアイビットに負けないくらい長いテキストばかりで把握するのに大変。それにテキスト読んでもどのカードが強い弱いだとかも全く理解できてなかった。とりあえずマスターテレパス“結城 望”のインフィニティ&バインド1&イニシアチブ&精神攻撃とかマジ最強だわー絶対負けないわーって言ってました。
それからも公認大会にはちょくちょく出るようになりましたが、都内だというの人が少ない・・・ 
これが不満でいずれアイビットと大きな大会に出てみたいなーって望むようになりました。
更に大会ではどんなデッキが使われるんだろうと気になりアクエリ公式HPの過去の入賞者デッキレシピを見てみると青が本当に滅茶苦茶少ない・・・メインで使っていこうと思っている色なのにそんなに弱い勢力だったのかと落胆しました。
そして極めつけにまだアクエリを始めたばかりだというのに、もうこの頃は後なおカードいっぱいなsaga3が終わり既にギャラクシースタイルが主流になりつつある雰囲気でエクストリームスタイルの大きな個人戦大会が今大会の一回しかないことを知り絶望.......(;´Д`)

公式大会参加経験がない、カード知識も無い、プレイングもゴミ、アクエリは実力主義と言われている、くだらない拘りがあるためガチ構築に成り切れない、そもそも青は大会で結果を残していない。以上から望みが薄いのはわかってるけどアイビット4積んだデッキでこの大会で入賞してデッキレシピを載せてみたいというのがアクエリアンエイジをプレイしてる上でいつの間にか夢に・・・なぜなら数あるここ数年の入賞レシピの中に後藤なお先生のカードが一枚もない・・・というのがあまりにも寂しかったので(あったっけ?)。こんなこと言っても冗談の様に聞こえると思いますが、後藤なお先生のカードを使って入賞したいという明確な理由があり本人は至って真剣でした。少なくともファンデッキだから一回戦敗退でそのままランブル行くわーなんていう軽い気持ちじゃなかった。これが後藤なお先生のカードが使える最初で最後の公式大会になるだろうし。

本当はネームレベルは後藤なお先生のものだけを採用して勝つのが究極の夢でしたが、さすがに妥協。。。アイビットは、主に学園祭メイドをレスポンスさせずに焼いたり、相手がこっちの学園祭メイド2体支配などのキャラビートに弱そうな支配を見て小突いてきた時にアイビットコストのガード宣言でブレイクで自身をパンプしそれでその軽ブレを一方殺とか、イオパンプさせて攻撃力4点を乗り越えさせたり等。もちろんその後なおイオちゃんも大活躍でした。まぁ多くの場合、決定打はパスハからコストバックしつつーの非後なおネームのウラン・M・ライホルド上段連打ブレイクで作るんですが。そんなの忘れよう。

それにしても調整でも本戦の6戦中でも一度も出なかったピン挿しのローズマリー。どうせ使わない位なら、やっぱりジリアンかルツィエかイザリヤかミナかクラリスかイオ以外の四大元素の魔導師とか後なおネームどれか入れても良かったなぁ・・・ローズマリー以外の枠もさらに少し削ってWIZ-DOM魔法学院の女生徒であるアイビットとミナとルツィエをセットでデッキに入れたりしたかった。使ってるプレマはミナだし、ルツィエは公式設定でアイビットと仲が良いみたいだから。。。でも、自分で言いたくないけどそれらを入れる程勝率が下がっていくのは明白だったのでアイビットとイオの採用が精一杯でした。

今回入賞することができたのは本当にラッキーでした。なお先生の加護とかあったんじゃないかな。今大会のために自分なりに相当アクエリに思考時間を割いてきたので、努力もほんの少しは実ったのかなとも思ってみたいですが多分勘違い。
まず始まりの地球が出るちょっと前に始めた自分はエクストリームスタイルで使用可能なカードの知識が圧倒的に足りないのでそこを補うのは中々に大変でした。さすがに全てのカードを覚えることは面倒なので、過去の各色の入賞レシピは何度も見て、色別によく使用されるカードを覚えこのデッキはどういう勝ちパターンなのかとか色々確認。また公式が配布してるエクセルカードリストの抽出機能で自分の採用キャラのアイコンと合致するブレイクには何があるのか(横取りされる的な意味で)とかを確認したりとかいった簡単な作業が勉強になりました。
とまぁ何で勝てたなんかは今となってはもうどうでもいいけど、今回の結果はとても嬉しく思っています。

もしかしたら明日?公式HPで使用したデッキが公開されるかもしれませんが、軽ブレイクがバレンタイン魔女の1枚だったりと普通の人が見たら否定したくなるような構築で、一応僕自身はそれぞれ1枚に確かな理由があって採用したつもりなんだけど採用理由を聞かれて説明しても納得させる自信がないので、運良く青が勝てたんだなぁとスルーしてもらえると幸いです。強いて言うならアイビットとイオが可愛いからそれだけでこのデッキは十分なんじゃないかと思う。
それと、このブログに載せてるデッキレシピはアクエリを始めたばかりで色々模索中の時に組んだものを記念に残してるだけで、決して人に参考にしてもらうために書いたものではないのでv
こんな事考えてデッキ組んでた時もあったなーと、久しぶりに見返すと楽しい。

アクエリアンブロックトーナメント予選(8/6)

新しく予選出ては前回分を書くみたいな・・・ワンテンポずれてる(
以下記憶曖昧ですが。

大体いつもキネシュ&アイビットは固定で青を使っているのですが、今回はキネシュを抜いてみての試み。

8月6日・BIGMAGIC@池袋店・エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者8人
1戦目○ アイビット・イオ・ライホルドVS黄【アルゴル・孔明・ネフティス】
先攻。パスハウランで更地。相手のアクションが何もないまま投了まで。

2戦目× アイビット・イオ・ライホルドVS青【オルガ・リンナ・アイビット】
後攻。相手(八方美人な天邪鬼さん)にアイビットを先にブレイクされるという事件発生。相手にアイビットをブレイクされるというのは初めての出来事でした。
アイビットプレマの上でアイビットスリーブのデッキを使ってるというのに4積みのVFアイビットが全て腐った・・・。
ダークネスペインで相手のパワー1のアイビットをパワー0にして寝取り返そうかと思ったけど、出したところで勝ちに繋がる場面ではなかったので諦めました。どうせ負けるならせめてアイビットを取り返しておけばよかったなと後悔・・・
相手のメインブレイクであるオルガレフトウィックのアビリティを、装備されたパーマネントが捨て札になった場合のみにダメージが発生するアビリティだと勘違いしていましたがパワーや手札からパーマネントが落ちてもダメージを受けるみたいで・・・ペインで手札から自ら落とした赤いトゥシューズが発火点となりダメージが連鎖していく・・・ダメージも9点まで溜まってとてもピンチな時にパスハが引けていたのでダメージ置き場と捨て札のそれぞれから対青に有効なイオを回収し逆転を狙おうとしました。イオの着地には成功しましたが、同じターン中にウラン上段のエフェクト(記憶曖昧)で支払ったコストにセーラースーツが出てきて、またしてもオルガから本体ダメージを受け死亡。今回使用したデッキにはパーマネントが10枚入ってるのでオルガ出された時点で負けてたw

3戦目○ アイビット・イオ・ライホルドVS白【明音鈴】
先攻。アイビット&ウランで白1Fに留めるように焼く。アタックを仕掛けようとしたターンにサブで入れている茨の枷を使用されたので、そのターンに仕留め切れなかった場合、手札の損失が後で響くかもしれないと思い特に何もせず、次のターンに持ち越す。相手の返しはペインとアイビットが構えているので安心して過ごし、大量のパワーが温存されたまま自分のターンが返ってきたところで、茨の枷が使用されてもお構いなく総攻撃。だった気がします。

2勝1敗。3位。負けたことよりアイビットを相手側にブレイクされたのが何よりもショックでしたorz青での採用率が高いことは知っていますが!w

アクエリアンブロックトーナメント予選(7/21)

すごく今更ですが書きます。

7月21日・イエローサブマリン@池袋店・エクストリームスタイル・スイスドロー制・参加者14人
1戦目△ アイビット・イオ・ライホルドwithキネシュVS緑【飯塚秋緒・鬼狸狐・蘇妲己】
後攻。相手が鬼狸狐→秋緒と並べた後にウラン上段で相手のキャラをたくさん焼いたけどそんなに効果はなかった。純粋魔力対決は引いていたのだけれど、純粋魔力対決中に殴れる主役のアイビットが来るのが遅かった。。。終盤で引いて、ちょうど飯塚秋緒にパーマネントがついてスキルが付与されていたのでアイビット自身パンプから殴ったけど一度は鬼狸狐にガードされてダメージ足りず。時間切れでした。こっちのダメージも相当危なかった。

2戦目○ アイビット・イオ・ライホルドwithキネシュVS黄【メインブレイク見えず】
後攻。3ターン目からパスハからコストバックしつつウラン下段ブレイク上段ブレイク上段ブレイクその次のターンも上段ブレイクエフェクト使用とかで更地にした気がする。

3戦目○ アイビット・イオ・ライホルドwithキネシュVS青【ひな祭りエイミー】
先攻。2ターン目にタッチ白で4投してるキネシュで相手の青ドローを焼いた気がする・・・そこからファストタイミングで出せるアイビットのキャンディ砲の準備も整ったらまぁ・・・相手の1Fも許さずに勝ったはず。

4戦目△ アイビット・イオ・ライホルドwithキネシュVS赤【弓削遙・うらら・竜ヶ崎藍】
後攻。のーてんさんの赤・・・しかも先攻取られて絶望的(T_T) 後攻だったから、相手2ターン目のアグレッシブ展開狙いの節分巫女をキネシュで飛ばして赤キャラ止まってくれればワンチャン勝てるかもしれないと思ったけど、普通に後続の赤キャラがハンドから出てきました・・・うん、そんな甘くない。仕方ないからウランで赤キャラを焼きつくそうとしたけど、その前にうらら青龍と並べられました。どうやら素体を引けてなかったみたいで二体とも支配キャラにブレイクというかなり無理した展開。しかも2F止まりだったのに、マジでこの二人が硬すぎる。イオでも純粋魔力対決でもどれでも突破できない。。。唯一自分のディーラーがアタッカーとしてとても頼りに思えたけど2体しか入ってなくてorz途中から相手がおそらくウラン警戒して看病娘(▼のない耐久1)とかを支配していたので他の▼をウランで焼いといたら弓削をブレイクした時にアイビットで看病娘落とすことでフィズらせてアド取れるかもしれないとか企んでたけど、既にのーてんさんは弓削は出すつもりなかったそう。することがなくてイオでディスアドなチャンプアタックしたりgdgd。どのタイミングだったか忘れたけど自分のプレイが遅いせいで30分が過ぎ結果はドローでしたが、その後も最後まで続けてみたらどちらも攻め手がないままで最終的に無駄にコストを支払っていたこちらがデッキ切れで負けました・・・どうやら赤2Fで止めても、うらら青龍並べられた時点で負けてたのかなぁと・・・

赤が苦手なことは知っていましたが、ここまでうらら青龍が硬いだなんてとしみじみ(実は今まで赤とあまりやったことがない)。
8枚入っているフェッチ&サーチで青ドローは引っ張るという考えでしたが、何度でも出せるアタッカーとして絶対数自体を増やさなきゃいけないんだと感じました。後は・・・青龍のパワー剥いで一気に攻め入るためにやっぱりデスサークルも必要・・・ とにかく得ることが多いゲームでしたね。これで諦めないで赤にも勝てるように思考錯誤したいと思います。

4戦目の引き分けにかなり負い目を感じましたが、とりあえず2勝2分で14人中3位。ブロト本戦の権利獲得は優勝者だけだと思っていたら3位まではもらえるみたいで。

後なおネーム縛りでブロト勝つとか言っておきながら、いざ予選へ出る時は魂を売って後なおネームではないウラン・M・ライホルドをデッキに採用するこの始末・・・
・・・ウランの枠をエレクトラらへんに変えられたらと思うのだけど、デスルーンがないとエレクトラにイマイチ存在価値見出せないのが辛いです・・・パスハ×ウランが強すぎてこれがないともう勝てない気がする・・・
誰かルツィエでもイザリヤでもミナでもエレクトラでもレダでもブロトで勝ち残れるくらいの使い方を教えてくれないでしょうかぁ。イザリヤは専用デッキ組んだらそこそこ強そうではある・・・

グランドクロストーナメント本戦(in東京)

大会当日、朝まで大学のレポートをやっていて6時くらいに就寝。目覚まし時計3つセットしたにも関わらず起きれなくて会場へ10分遅刻しました。
うん、エントリー間に合わなかった・・・。とても楽しみにしていたのに惨敗どころか、参加すら叶わぬとは・・・!自業自得←

切り替えて、次の大きな大会としてはブロックトーナメント(エクストリーム)があります。ボクにとってはこちらの方がグランドクロストーナメントより重要なイベントです!なんと言ったって、後藤なお先生のカードが使えますからね。漲っちゃいます。
後藤なお先生のいないギャラクシースタイルでは青いデッキで如何にして勝つかを考えて、実際に勝つことで楽しんできましたが、エクストリームスタイルでは後藤なお先生のカード(特にアイビット・レジャー)を場に出せただけで楽しめるという。。。さらにその後なおネームのアタック宣言でダメージアウトさせて勝てたら愉悦を感じることこの上ない。ボクとなお先生の娘マジ強い&可愛い!!今のボク・・・なお先生とソウル共有してる!!アクエリアンエイジ最高!!始めて良かったー!!と思える瞬間です。

今度こそ・・・今度こそブロックトーナメントにはちゃんと出場したい!!そしてアイビット・レジャーで勝ちたい!!
なのですが、公式HPの大会上位のデッキレシピを調べていると青色は全く結果残してないみたいなんですよね・・・
青はエクストリームでも人気な色と聞いています。だから大会の参加者も青で挑戦する方が多いはず。それでも結果を残していないということは、やはり全体的なカードパワーが他の色と比べ劣っているんでしょうかね・・・
これから、エクストリームのデッキを後なおネーム縛り(あわよくばアイビット単)で調整していこうと思っているんですが、本当無謀なことを目標にしてるんだなーと気付かされる・・・
しかも、やはりまだエクストリームスタイルでの対戦経験が少なく相手がどのようなカードを使ってくるか
ほとんど予測できないので、特定のカードを警戒するようなプレイングができません。これからその辺も勉強していこうと思うんですが、エクストリームのカードプール広すぎて軽く挫折気味です。昔からやっていればなぁ・・・(
ギャラクシースタイルならば、カードプールが狭いので、相手の色が分かっただけで使われる可能性があるカードを大体洗いだせるんですけどねぇ。

それにしても、次のブロックトーナメントへ向けてモチベーションがある人ってどれほどいるんでしょうか。ボクは始まりの地球発売直前にエクストリームスタイルからアクエリアンエイジを始めたというかなりレアなケースなんですが、ギャラクシーから始めてエクストリームはよく知らないっていう新規プレイヤーも多いはず・・・。その中で今度の公式大会に向けて今からエクストリームスタイルを始めるという方も出てくるのかどうか。 
ギャラクシースタイルが始まった当時、そちらにはほとんど目を向けず、アイビットデッキを強化したくて、ひたすら揃えにくいエクストリームのカードを一生懸命自力で回収してきたボク・・・キネシュ2000~2500円×4・・・ダークネスペイン2000円×4・・・ たかがアンコモンのフェッチパーマネントも一枚300~500円というね・・・
ひとつのデッキ完成させるのに2万円以上かかりました。今ではどんどんエクストリームスタイルの影が薄くなって、各色の必須系のファストも大分価格が落ちてボクとしては複雑な気持ちなんですが、今から始める人にとっては良いですね。ウラヤマシイナー。
プロフィール

みそぎん☆

Author:みそぎん☆
電撃萌王に載っていたLovers Tenというコーナーで「るちえ」さんのイラストを見て感動。るちえさんの主なお仕事を調べると「後藤なお」という名義でアクエリアンエイジというTCGに携わっていたことを知る。それ以来、初心者ながらアクエリアンエイジをやっています。フール“アイビット・レジャー”が大好きで彼女のネーム単などを使用します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お友達リンク
応援ティッカー
応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。